※ご注意ください※
本教材の内容は、「ネットビジネス=魔法のツール」の様に考える 快楽主義者にはめっぽう向きません。 また、インターネットビジネスを パチンコや力ジノのようなギャンブルだと勘違いしている人にも向きません。 自分のできる事を、それを望む人に提供し、真っ当にお金を頂くというビジネスの構築を目指すものです。そして、それをコンテンツメーカーという視点と考え方をもってすれば、収益率97%という「非常識な個人ビジネス」を運営する為のノウハウと考え方が得られる。そういう事をお伝えする教材のご案内です。
改めまして、
本教材の販売と運営を行います、
平野久信と申します。


あなたは下記の項目で「いくつ」当てはまりますか?

ネットで稼ぎたいけど最初の収入が作れない。
情報過多で何に取り組むべきかわからない。
97%利益の絶対領域ビジネスを詳しく知りたい。
取り組んでいるビジネスの天井をぶち上げたい。
やりたい事をビジネスにする方法を教えて欲しい。

もしあなたが、

これからの新時代でも「100%通用する」であろう、個人最強のネットビジネス「コンテンツメーカー」の全貌と、

そのノウハウに興味があるなら、まずはしっかりと本サイトをご覧ください。

本サイトは、松井さんと私とで作り上げた「コンテンツメーカーPERFECT」教材の販売を促す内容です。ですが、本サイト自体が、すでに教材化していると言っても過言では無いくらい、

【コンテンツメーカーとして稼ぐ為にはどうしたら良いのか?】

という事が、そこかしこに書かれています。

 

つまり、

たとえ教材を購入しなかったとしても、必ずやあなたのビジネスにとって有益な情報が見つかるサイトですので、ぜひ、

「有料のレポート教材」を読むような感じで、読み進めてみて欲しいと思います。

 

特に、中盤から後半にかけての、松井さんのビジネス視点で語った「時代感」は、間違いなく参考になり、大きな気づきが生まれるに違いありません。

それでは、ぜひとも楽しんで、本サイトをご覧いただけば幸いです。

 

本教材をオススメする人は?

・今後10年以上、真っ当なネットビジネスで堂々と稼ぎたい方

・月1億円とかいう目標でなく、月収100万円以上を手堅く得たい方

・得意な事や特殊な技能で教える系の個人ビジネスをされている方

・社会変革に情熱があったり、地域活性化に情熱を持ち、真剣な方

・作業に明け暮れても、売上が伸び悩んでいるアフィリエイター

・せどりや転売など、労働約なビジネスに限界を感じている方

・面白い!と惚れ込んだ何かを世の中に広めたいと考える方

・いつの時代でも成功するビジネスエッセンスを学びたい方

・不変的に本質を見抜ける稼げるプロモーターになりたい方

 

これらの内、

どれか1つでも該当するという方は、ぜひ積極的に、教材の購入検討される事をオススメいたします。きっと本教材が、あなたのビジネスの「更なるブレイクスルーのきっかけ」になるでしょう。

 

残念ながらお金に自由を奪われている。

昨今は、50年ほど前の昔と比べて、
目先のお金や将来について悩む方は多いと思います。

・ある人はたくさん稼ぎたいと言い、

・ある人は最低限の収入さえあれば幸せ

と言います。

もちろんどちらが正しくて間違いという事はありません。

ですが、私が客観的に思うところは、
「お金=自由」だと考えています。

 

お金はお金以上の「価値を持っている」

もう少し正確に言うと

「お金を稼ぐ力があるなら嫌なことをしたり、
 我慢したりせずに生きられる」と思います。

残念ながら現代というのは、
時間も人間関係も、

お金によって状況がガラリと変わる時代です。

嫌な人に頭をペコペコせずに済むのも、
自分でお金を稼ぐ事ができるから出来るからです。

・自分のやりたい仕事をして、
・好きな人達とだけ時間を共有し、
・毎日ストレス無く生活ができるのは、

自分でお金を稼ぐ能力を身に着けているからこそです。

 

もちろん、日本国民全員が、自分自身で
お金を稼がなくてはならないとは思っていません。

 

今の仕事が、大好きな仕事であれば、例え、
お金はさほど稼げなくても、
それは幸せな人生だと思います。

 

しかし、現実には

「ストレスに耐える対価としてお金をもらっている感じ」
という声もたくさん聞きます。

これは言いかえれば、

・生活の為に仕事をしているのか?
・仕事の為に生活をしているのか?

もう、どちらが主導なのか、
よく分からなくなっている状況の人が多いという事です。

 

嫌なことを辞め、好きな事で自由に生きる。

その為にビジネスをする、当たり前の選択。

また昨今は、頑張ってもなかなか給与はあがらず、
ボーナスも大幅カット。そして、

生活には今まで以上にお金が掛かり、
世界に誇る1億総中流社会という安定した
過去の日本ではもう無くなっています。

このままだと老後の年金ももらえず、
今を生きる私たちの世代にとっては、

今の仕事を続けていくだけでは、

将来を明るく考える事が難しくなってしまいました。

だからこそ、自分自身でお金を稼がなくては。
と思っている人が多い理由だとも思います。

 

昔から嫌なことは我慢してきました。

私は、今でさえ好きな事を仕事にしていますが、
それこそ5年前までのサラリーマン時代は、

嫌なことを我慢して働くのは、
大人なら当然の事だと思っていました。

 

もっと言うと、

それが出来ない奴は忍耐力に欠ける、社会不適合者だ。
くらいに思って、

変なプライドを正しさと勘違いしていました。

 

なので、

私が起業した理由はほぼ自分の為という事ではなく、
私の提供する価値あるサービスを、

安心して、継続して利用して頂きたい。
というお客様優先での気持ちからでした。

 

なので、「嫌なことをしないで済む。」というよりも、
「やりたいことを仕事にしたい!」という気持ち。

それも、自分のやりたい事ではなく、

「お客さんの為にビジネス成し得たい。」

という気持ちが大きかったのです。ですが、

 

そんな気持ちでビジネスを進めるうちに、
結果として、私も、

時間的・経済的・精神的な
自由を手に入れることが出来てしまいました。

 

時間とお金を手に入れる為に
絶対に現れる最大で分厚い壁。

私は、コンサルタント業を始めてからは特に、
セミナーやオンラインや個別の対面で、

数え切れないほど沢山の人と話をしてきましたが、
多くの方が抱えている共通の悩みがあります。

それは、、、

 

「稼ぎたいけど、最初の収入が得られない」

「情報が多すぎて何が正しいか分からない」

「私はいったい何をしたらいいんですか?」

というような事です。

 

確かにビジネスを始めたばかりの頃は、

・何が正しいのか、
・何が自分に合っているのか

まったく分からないと思います。

 

なぜなら、

「◯◯はやるな!」という本があったと思ったら

「◯◯がこれから流行る!」という本もあったりして

至る所に、仕掛ける側に都合の良い広告が露出し、
マーケティングが施されているのが現代なので、

何を信じて良いのか分からなくなるのは当然です。

 

100回以上も聞かれた質問の答えは一緒。

なので、

よく頂く質問の中に、こういった質問をよく頂きます。

「もし、今からビジネス始めるなら、
何を、どうやって始めますか?」

この質問は多分、
今までに100回くらいされてきましたが、
私はその度に同じ回答をしています。

 

それは、
「コンテンツビジネス」です。


なぜならコンテンツビジネスは、商売の理想である、
下記の要因を全て含んでいるからです。

 

失敗しないビジネスの4ヶ条とは?

1:利益率の高い商売。

原価が低いものをアイデアや工夫で高く売る商売。
そして、利益は70%以上が望ましい。

2:在庫を持たない。

在庫が無い=失敗のリスクが減る。ネットを使わない
多くの起業家は在庫に悩まされていた中、今では
在庫無しのコンテンツビジネスが出来る。

3:定期的に一定額の収入がある。

物を小売していてはいつか限界が来るし、安定もしない。
たがら、24時間自動で売れる仕組みを作れるものが良い。

4:小資本で始められる。

 

リスクを無くし、今すぐにでも始められるような事を行えば、
仮に失敗しても、成功の糧になる。そして、

それがまたビジネスを強固にしてくれるのであれば、
成功するまで続ける事が出来る。つまり失敗は無くなる。

これはもう、至極当たり前な自明の理ですよね。

 

ビジネスで成功する為に最も必要な事?

きっと、あなたもビジネスを始めて、
お金をもっと稼ぎたいと思っているはずです。

・もっと自由な時間を増やして、
・好きな時に海外旅行に行ったり、
・話題のお店がオープンしたら気軽に足を運んだり、
・困ってる人がいたら支援するような活動をしたり、

今よりもっとやりたいことがあるはずです。

 

しかし、それに情熱を持って、

そんな貴方の理想の生活を叶える為に行っていることを
全面に出したビジネスがうまく行くと思いますか?

 

なので、ビジネスを始めるには重要な事があります。

それは、

「表向きの大義と、裏の利己的な理由です。」

 

これを2つ合わせると、
ビジネスの原動力である「志」が生まれます。

 

つまり、成功するビジネスとは、

あなたが志を持って、ただ、

それを形(コンテンツ)にするだけの
とてもシンプルなもので充分なのです。

 

テンツビジネス無しの成功はない。

ここまで、私の話を聞いてみていかがでしょうか?

「何だか面白そう、やりがいが有りそう」
って、思いましたか?

ですが、これはコンテンツビジネスの
概要でしかありません。


 

普遍的な内容ではありますが、実はこんな話は
昔から言われていて、別に大した内容ではない事であるし、

そんな事は分かっています。

しかし、私があなたにお伝えしたい事は、
そんな低いレベルの話ではありません。

 

本当に伝えたいのは、
教材制作者の
松井宏樹さんのお話です。

 

これまでお伝えしてきた私の話とは、
また別次元の話です。

 

ある意味では、

旧来のビジネスの成功法則を真っ向から
否定したり、またある意味では、

 

旧来のビジネスに新たな視点を与える事で、

一瞬で儲かるビジネスへと変貌させてしまう、
「現代の魔法使い」の様な人です。

 

コンテンツメーカーとは?

私は幸運にも、

起業当初から松井さんからビジネスの指導を受け、
お陰様で、今日までなんとか順調にビジネスを行って来ました。

 

つまり起業当初から、

これからお伝えする「コンテンツメーカー」の
考え方とやり方を教わったからうまくいった。

という訳です。そして恐らくはきっと、、、


松井さんから学んだ事が無かったら、

今ごろはビジネスで稼ぐなんて事は出来ていなく、

もしかしたら、

 

再びサラリーマンに戻って、
毎日ルーチンワークをこなす生活に

戻っていたんじゃないかと思います。。。

私は、コンテンツビジネスのおかげで、
こうしてある程度の自由な生き方を手に入れることが出来ました。

 

なので今度は、あなたにも同じ体験をして欲しいと願っています。

自分で言うのも何ですが、

この教材は「PERFECT」という名前がついているように
コンテンツビジネスを始める方にとっては、必要充分で、
本当にスキが無い、秀逸すぎる教材です。


 

ぜひここから先は、教材制作者の松井さんのお話に耳を傾けて、
しっかりとコンテンツメーカーの素晴らしさを


理解して欲しいと思います。

平野久信(ひらのひさのぶ)

 

毎度、お騒がせします。
教材制作者の松井です。

コンテンツメーカーとは何なのか?


あなたはこの1年、または数年で、

何をビジネスのメインとして取り組み、
どのような成果を果たしましたか?

 

私自身はここ数年、

1人のビジネス指導者として
「コンテンツメーカー」の育成に
相当な力を注いできました。

 

「コンテンツメーカー」とは、

・他にはない、
・独自性溢れるコンテンツを、

自らの手で世の中に送り出す力を持つ人のことです。

 

他にはない、
斬新な切り口をもった独自コンテンツ。

 

それを、まさに必要としている方のみに
的確にお届けする。そして、それを繰り返す。

 

このスキルさえあれば、ネットビジネスの中で…、

いや、ネットビジネスに限らず、あらゆるビジネスで
通用する力を存分に発揮することができる。

私はそう確信しています。

 

コンテンツメーカー2016の販売

その確信のもと、2016年には教材として

「コンテンツメーカー2016」を提供し、

多くの方に独自コンテンツの可能性を
感じていただくことができました。

 

また、

同時に少数精鋭のコンサルサービスを提供し、
参加者のほぼ全てがコンテンツメーカーとしてデビューされ、

早期に大きな利益を獲得するとともに、
長期的な展望も手に入れておられます。

 

このように「コンテンツメーカー」という
共通言語で関わった方々の中には、

 

『このスキルを身につけたことで人生が変わった』

『ネットビジネスに対する見方そのものが変わった』

『短期的に稼ぐという行為と、長期的な利益を狙う行為とは矛盾しないことがわかった』

などなど、

多くのポジティブな声が寄せられています。

 

実は、こうした声が寄せられるのは、
ある意味私にとっては予定通りのことなのです。

 

このように言ってしまうと不遜なようにも
聞こえるかもしれませんが、、、

 

「コンテンツメーカーの育成」ということに関して、
私は絶対的な自信を持っています。

 

松井宏樹はどんなイメージ?

ところで、あなたは、私(松井)について、
どんなイメージをお持ちですか?

 

・PPCが得意なアフィリエイター?

・ステップメールの編集方法にこだわりを持ったおじさん?

・メルマガアフィリでたくさん売る人?

・催眠術や占いなどの怪しげな知識に精通した情報発信者?

 

人それぞれ、様々な印象をお持ちだと思います。

 

しかし、正直申し上げて、
私がこの10年以上、ネットビジネス参入当時どころか、

新聞社勤務時代から一貫してこだわり続けているのは、
唯一、「コンテンツメーカー」という立場だけです。

 

それ以外のことはどうでもいい。
とまでは言いませんが、

「コンテンツメーカー」という立ち位置を
強化するための道具にすぎません。

 

では、クドイ様ですが、
その「コンテンツメーカー」とは一体何なのか?


 

今さら言うまでもありませんが、

『コンテンツメーカー=インフォプレナー』
ではありません。

 

情報商材を作って売るという行為だけに限定するなら、
コンテンツメーカーなどと名乗らずに、
「プレナー」と言ったほうが分かりやすいでしょう。

「コンテンツメーカー」は、もっと幅の広いものです。

 

食いっぱぐれないコンテンツメーカー

コンテンツメーカーとは、

1:ご自身の何らかのアイデア(着想)に価値を見い出し、

2:それを必要とする具体的な人物をイメージし、

3:その人に最もふさわしい伝達手段を選択する。

 

このような立場で商売する人のことを指します。

 

もし、そこで選択する伝達手段が
「情報商材」となった場合に初めて、

コンテンツメーカーであり、
かつインフォプレナーでもあるわけです。

 

上記(1)(2)(3)の流れを設計する作業を
「コンセプトメイキング」といいますが、

要は“切り口”のことですね。

 

その“切り口”によっては、
インフォプレナーという立ち位置ではなく、

 

・ブロガーやメルマガの発行人の場合もあれば、

・セミナー講師の場合もあれば、

・ポータルサイト運営者の場合もあれば、

・企画開発者やイベンターといった立ち位置に立つ場合もあれば、

・もちろん、サイトアフィリエイターや物販プレイヤーという場合もあり得る。

つまり、

 

ビジネス形態はどうであれ、『独自コンテンツ』で
勝負のできるプレイヤーになれるわけです。

 

そのため、「切り口」の使い方によっては、

・ある時はインフォプレナーとして立ち振る舞い、

・またある時は一人のアフィリエイターであったり、

・またまたある時は専門サイトの運営者になったりすることも出来る。

 

コンテンツメーカーの基本スキルとはそういうものなのです。

このスキル、私と少しでも関わった方には、
ぜひ身に着けていただきたい。そして、

この思いは、先々に向けても
まったく変わるところがありません。

 

今後は「プレイヤー」に徹します。

要は、「コンテンツメーカー」とは、

自分自身の思いを、それを本来求めている人に対して、
的確に伝える『表現者』ということになります。

 

これは、小手先のライティングテクニックを
いくら学んでも習得できません。

あるいは、
心理学のエッセンスを持ち込んでも限度があります。

 

なぜなら、そのようなものだけをいくら学んだところで、
そこにはあなた自身が「それ」を表現しなければならない

必然性などないからです。

 

独自コンテンツが『独自』と言えるゆえんは、
あなた自身の口から必然的に発する言葉であるからです。

 

ところが、世の中で喧伝されている
独自コンテンツの大抵が、

「わたし自身が作ったものだから独自のコンテンツです」
といった意味合い程度しかありません。

 

だから、「独自コンテンツ」と言いながら、
その他大勢のコンテンツの中に埋没してしまうのです。

 

「あなたが作らなくても他の人が作ってくれるでしょう?」
といった類のものです。

つまり、あなた自身が手掛ける必然性がないのです。

 

唐突ですが質問をします。

あなたは何故、今ここで、
この告知レターを読んでいるのでしょうか?

おそらく、この企画に他にはない
『何か』を感じているからではないでしょうか?

 

そう感じさせる『何か』。

 

それが、コンテンツメーカーが手掛ける
「独自コンテンツ」というべきものです。

 

もちろん、そこには明確なコンセプトがあります。

それは何か?というのは、
この企画に参加されたら一発で分かります。

 

そこでは、「コンテンツメーカー」という
商売上の立ち位置もよくご理解いただけるし、

なぜ、あなたが私の情報を気になって
仕方がなくなってしまうのか?

 

そのカラクリも全部分かります。

 

そして、私は
「コンテンツメーカー」という立ち位置を、
来年に向けてさらに強固なものにしていきます。

 

そのために、コンテンツメーカーである私が、
コンテンツメーカーそのものについて、

総合的かつ体系的に語るのは、
おそらく今回が最後となるでしょう。

 

今も現役のプレイヤーだから。

なぜなら、
私はコンテンツメーカーの研究者ではなく、
現役のプレイヤーだからです。

 

私はこの先も

ずっとコンテンツメーカーであり続けるために、
コンテンツメーカーという言葉すら使うのを
間もなく止めます。

 

私自身がコンテンツメーカーに徹するためです。

 

この教材で「コンテンツメーカーの何たるか」を
押さえていただければ、 もう、

私(松井宏樹)が日ごろやっていることなど
全て丸見えのガラス張りです。

 

コンテンツ販売であれ、メルマガアフィリエイトであれ、
サイトアフィリやPPCアフィリであれ、セミナー運営であれ、
サイト売買であれ、実業向けのコンサル業であれ、

何であれ、

 

私がやっていることなど、「コンテンツメーカー」の
基本スキルを使いまわしているに過ぎないからです。

 

なので、おそらくは「この教材」以上に、
『私自身』をご理解いただけるコンテンツは存在しないと言えるでしょう。

 

どんな人が向いているか?

コンテンツ販売であれ、メルマガアフィリエイトであれ、
サイトアフィリやPPCアフィリであれ、セミナー運営であれ、

何であれ….

 

単純な話、キチンとしたコンテンツ生み出し、

それを世に送り出すプロセスを、
「単独」で実行し続けることが出来る人材が、
現状では極めて少ないと言わざるを得ません。

 

それが、「コンテンツメーカー」という共通言語で
理解し合う人材を増やしたいという、理由の一つです。

 

ネットビジネス業界を見渡してみても、
プロデューサーとコンテンツ作成者との役割分担が

どんどん進んでおり、

果てはセールスプロモーション部隊までもが
分離していたりします。

 

それが如何なる結果を招いているかというと、

コンテンツメイキングをまったく理解していない、
なんちゃってプロデューサーを生み出し、

逆に全体の調整能力や販売力がまるでない
コンテンツ作成者も生み出し続けているというわけです。

 

一時雨後の筍のように生え続けた
日本版プロダクトローンチもどきなるものは、

その象徴でもあり、

 

「烏合の衆」といっては言葉が過ぎますが、
利害関係者がてんでバラバラの各々の都合に沿って、

互いの無理解のうえに
歪で異様な集団を無理やり作ってきたのです。

 

このような環境で、まともなコンテンツの作り手、
送り手が育つわけがありません。

 

一方、自分ひとりの力でコンテンツを作り、
それを販売している人たちもいるにはいますが、

たった一つの商品を作って世に送り出す作業で疲労困憊し、
何年経っても

『次なる一手』が見えてこない人たちも後を絶ちません。

 

どちらにしろ、

私が認識している『コンテンツメーカー』としては
いかにも貧弱で、可愛そうなくらいです。

 

みうらじゅん氏の『一人電通』

みうらじゅん氏の『一人電通』を引き合いに出すまでもなく、

本来のコンテンツメーカーというのは、

 

自分が作りたいときに、作りたいコンテンツを
いくらでも生み出すことが出来て、

なおかつそれを自分の責任でもって流通させることが
出来る人のことを言います。

 

そんな人材が滅多に見当たらなくなったのは、
いったい誰の責任なのでしょうか?

 

私には責任がない、とは言い切れません。

 

だから、その責任を私自身が取れる範囲で
どうにかしよう、というのが

本教材を立ち上げるに至った一番の理由なのです。

 

想像してみてください。

好きな時に、好きなテーマで、好きなだけ、
じゃんじゃん好きなコンテンツを生み出すことが
出来てしまえる貴方自身の姿を。

 

けっこうイケてると思いませんか?(笑

 

私はそういう人を見出したいし、
そういう人たちと“烏合の衆”ではない、

共通理解に裏打ちされたある種の強烈なチームを
築き上げたいと心底望んでいます。

 

さて、私が言うところのコンテンツメーカーについては
概ねご理解いただけたものとして、

果たしてどんな人が本企画のメンバーたるに相応しいのか?
について触れておきます。

 

自分の教材や講座を作って売り切りたい人

つまり、
インフォプレナーを志向している人ですが、
これはもうドンピシャではまります。

 

何らかのビジネスで一定の実績があるなら尚更。
すぐにでも優れたコンテンツの切り口が見つかるでしょう。

 

一方、

これといって実績らしきものがないという方であっても、
基本的に構いません。

なぜなら、実績がなければ語れないコンテンツがある一方で、
実績なくして堂々と語れる切り口もあるからです。

 

ただし、「実績に自信がない」という場合は、
そもそも教材や講座を作らなければならないのか?

という基本的な問いに解を導き出す必要があるでしょう。

 

コンテンツ=教材ではないのです。
それは石頭の思考です。

 

このあたりは、本企画のかなり初期の段階から
嫌というほど思い知ることになるでしょう。

 

つまり、実績があろうが無かろうが、
それ自体はさしたる問題ではないということです。

問題は、もっと別の所にあります。

 

プロデューサーとして活動したい方

先ほど述べた通り、

コンテンツ提供者に無理解な
プロデューサーやコーディネーターは、

私基準では有害以外の何物でもありません。

 

しかし、本企画は、

その方面で活躍したい人を排除しません。
というか、むしろウェルカムです。

 

適性としては、ネットビジネスにおける何らかの実績よりも、
社会の中で培ってきた調整能力です。

 

当然ながら、それだけで飯が食っていけるほど
甘い世界ではありません。

 

でも大丈夫。

本企画でコンテンツメーカーの何たるかを
ガッチリ掴んでください。

 

心からコンテンツメーカーという存在を
尊敬できるようになるはずです。

そのうえで、調整能力をフル活用してください。

 

きっと心底尊敬されるプロデューサーや
コーディネーターになれると思います。

 

新たなチャンスを見出したい方。

本教材では、現在取り組んでいるビジネスを
徹底的に俯瞰していただきます。

 

そうすることで、

誰も手掛けていない競合不在の領域を
見出すことが出来るからです。

 

チャンスを見出したら、
そこにどのような「コンテンツ」を落とし込んだら、
商機があるかを判断していきます。

 

そのうえで、
売れるコンセプトを練りあげていくわけです。

 

コンセプトに基づいて作り上げた「コンテンツ」は、
それ自体が大きな利益を生み出す場合もあれば、

次なる一手のための役割に留める場合もあるでしょう。

 

また、

俯瞰して見出した商機によって、
相手が個人の場合もあれば、法人の場合もあるでしょう。

 

つまり、

原理原則はインフォプレナーが手掛ける教材などの
コンテンツ作りとまったく変わりませんが、

それを、

・どのような場所で、

・どんな人に、

・どう見せるのか?

 

というのはコンテンツメーカーの腕次第なのです。

 

例えばあなたが・・・

たとえば、
あなたがサイトアフィリエイターだとしましょう。

 

サイトアフィリエイターとしての立場に限定すれば、
関心事は、売れる案件だったり、報酬金額であったり、
魅力的な広告素材であったりするでしょう。

 

しかし、

サイトアフィリエイトというビジネスに
本教材で提唱する「コンテンツメーカー」という
立場を絡めたらどうなるか?

 

アフィリエイトビジネスの全体像を
俯瞰するところから始めることになるのです。

すると、利害関係者の姿がまず浮かび上がってきます。

 

・アフィリエイター、
・ASP、
・商材提供者(広告主)

という関係です。

 

ASPのサイトを眺めるときも、コンテンツメーカーなら
アフィリエイター向けの情報以外にも注視します。

 

たとえば、広告主向けの情報です。

アフィリエイターのみの視点なら、
売れる案件を保有している広告主しか目に入らないでしょう。

 

しかし、

コンテンツメーカーなら、無名の商材を保有している
広告主の動向を探ることも抜かりなく行います。

 

そのような広告主の少なからずは、
ASPに商材を登録すること以外に販路開拓の
アイデアを持っていないことも多いです。

 

さて、このような広告主が
咽喉から手が出るほど欲しいコンテンツとは何でしょう?

それが分かれば、必ず商機が訪れますよね?
(慣れればすぐにでも答えを見つけられるようになります)

 

コンテンツメーカーという仕事は、
こういうことも手掛けてまいります。

 

アフィリエイトの実績があることも実に立派なことですが、
アフィリエイトというビジネスを知っていること自体が
商機を生み出すのです。

 

これは、アフィリエイトに限らず、物販でも何でも同じです。

「コンテンツメーカー」という視点を手に入れたとたん、
ここまで可能性が広がるという事実をぜひ知ってください。

 

どれか1つでも関心があるのなら。

以上、いくつかの立場にそって話を進めてきましたが、
どれか一つでも関心があったなら、

あなたはもうコンテンツメーカーに向いている人です。

 

なので、自信を持って
ご購入いただいてよろしいかと思います。

 

そのうえで、あえて一つだけ付け加えるなら、
「譲れない何かがある」という人が、

コンテンツメーカーに限って言えば、
かなりの適性を有していると言えます。

 

「好きで好きで仕方がないものがある」でも同じことです。

 

もし、現在そのような対象がなくとも、
過去にそのような経験があれば同じことです。

 

「譲れないもの」「好きなこと」

それはつまり、あなた自身が没頭出来ること、
と言っても良いかもしれません。

 

実は、「没頭できる」というのは、
コンテンツメーカーとしての最大の能力なのです。

 

念のために言いますが、「好きなことを仕事にしよう!」

という短絡的な話ではありません。

 

もちろん、没頭するほど好きなことがあるなら、
それをコンテンツメイクするのもありですが、

そうでなくとも「没頭できる」ということ自体が大切なのです。

 

コンテンツというものは「拡散」と『集中』で仕上げていきます。

 

先ほども言った通り、まずは物事を俯瞰(拡散)します。

そのうえでポイントを発見したら、
徹底的に没頭(集中)するのです。

 

幸い、コンテンツメイキングという作業は、
ゲームのように楽しいものになっています。

ぜひ、あなたの『俯瞰力』と『没頭力』を駆使して、
このゲームを楽しんでください。

 

それでは、引き続きよろしくお願いいたします!

松井宏樹(まついひろき)

 

教材の概要を説明します。

本教材は、専用会員サイトにて、

【動画、PDF、音声】からなるコンテンツを通して、
「コンテンツメーカー」を知り尽していただきます。

 

そのうえで、

現在取り組んでおられるメインのビジネスが何であれ、
「コンテンツメーカー」という共通言語を使って、

拡散と集中、俯瞰と収束とを繰り返す中で、
既存のビジネスをとらえ直していただき、

実践にお役立ていただくものです。

 


ぜひ、「実践」を意識してください。

実践の中でしか学べないものがあります・・・
というか、それがほとんどです。

 

このようにいうと、

 

「今の私には無理です」とか、

「アフィリエイトか何か成功してから勉強したほうが良いのでは・・・」

とか言い出す人が必ず出てきます。

 

たしかに、物事には手順があります。

 

自分の実績を軸に何でもやろうというのなら、
巷でよく説かれている王道的なステップを
一つずつ踏んでいくことが不可避です。

 

このような従来型の鉄板プロセスでは、
最終目的を「コンテンツ販売」に置いています。

最終的にはみんな、
狭義の「コンテンツメーカー(インフォプレナー)になろうよ!」

と言っているわけです。

 

確かに、このプロセスは王道であり、
黄金法則と言われているのも頷けるものです。

 

しかし、ゲリラマーケティングを提唱し続けている
私のことをよくご存じの方ならお分かりの通り、

「逆もまた真なり」なのです。

 

黄金法則の最終目的地が
「コンテンツメーカー」になっているのには、
明確な理由があります。

 

それは、自分自身の「実績軸」で勝負しているから、
このようなプロセスを描くわけです。

「実績軸」なら、先述のステップを踏むよりほかありません。

 

例外なし、です。

それゆえ、王道的であり、黄金のルールなのです。

 

でも、狭義のコンテンツ販売ですら、
本来は「実績軸」だけで成り立っているものではありません。

 

コンセプトメイキングの仕立て方一つで、
ご自身になんら実績がなくても収益化できるビジネスを
構築することは間違いなく可能なのです。

 

もちろん、なんらかの「実績」があったほうが
物事が有利に運ぶという面もあります。

問題は、そこ(実績軸)だけにしか想定できない
“石頭”では、何をやっても上手くいくはずはないだろう、
ってことです。

 

世の主流の逆から物事を眺めてみる

これを回避するのに一番簡単な方法は、
世の主流の逆から物事を眺めてみる癖を
身につけることだと思います。

 

私自身、

もう10年近く「逆もまた真なり」という意識で
市場を観察する癖が身についてしまっているので、

そこになんら違和感はありません。

 

しかし、このようなポジションに立っている人は
インフォ業界やアフィリエイト業界では
ごく少数しか存在しないのかもしれません。

 

はっきり言って、かなりお気楽なポジションだといえます。

 

たったこれだけで、
常に一定の需要を創出することが可能だからです。

ただし、業界の大スターから比べたら、
私のやり方は地味ですし目立ちません。

 

けれど、楽に競合不在の状態に持ち込めるのもまた、
私のやり方なんです。

 

本企画で提案するさまざまなビジネスプロセスは、
鉄板プロセスとは真逆を行きます。

そんなふうにイメージしていただて、
間違いありません。

だからといって無理だと思いますか?

 

そんなことはありません。

確かに、まったくの我流で勝手気ままに
このプロセスに入ってしまったら、

スタート地点でいきなり障壁に立ち塞がれます。

 

この企画を通して、私が最もエネルギーを注ぐのは、
このスタート地点の最大ともいえる

障壁を乗り越えるためのアイデアの提供です。

 

ここをすんなり乗り越えてしまえば、
あとはある意味、

機械的に売り続けるだけの話になるのです。

 

最大の壁をぶち壊すために。

では、どのようにしたら
最初で最大の壁をぶち壊すことが出来るのでしょうか?

 

そのために必要なのが、「コンセプト」です。

 

平たく言うと、貴方が
「どの軸」で市場に切り込むか?ということです。

 

「実績軸」だけで勝負しようというのなら、
どうあがいても自分より実績上位のライバルには
太刀打ちできません。

 

ほとんどの方は皆、
「実績軸」がもたらす分厚い壁に跳ね返されています。

軸足の取り方は、本当はいくつもあるんです。

 

それに気づいていない人は、
「コンセプトメイキング」をまるで意識していないのです。

 

あなたならではの切り口は、
コンセプト作りを通して必ず見出すことが可能です。

 

なぜ、皆そこに目を向けないのでしょうか?

 

別に「実績軸」だけで勝負しようとしている人を
否定するつもりはありません。

これまで通り、実績軸で勝負するなら、
転売なり、アフィリエイトなり、

 

あなたが今取り組んでいるビジネスで呆れるほど努力して、
一日でも早く最終目的地に到達してくださいね、

とだけ言いたいわけです。

 

けれど、アフィリエイトを「アフィリエイト」でしか
捉えることのできない石頭や、

物販を物販でしか捉えることのできない
勿体ない人たちが後を絶たないのも事実です。

 

それで一体、いつになったら貴方は・・・

 

・アフィリエイトや転売で月収数百万円とか稼げるようになるのですか?

・いつになったら、メールマガジンを発行するのですか?

・貴方が漠然と考えているインフォプレナーになるのって、
 そんなに難しい話なんですか?

 

だから断言します。

 

あなたがこれまで正しいと考えてきた「軸」を
ほんのちょっとズラすだけで、

貴方本来の持ち味を生かせる道筋はいくらでも見えてきます。

 

だから、回りくどいこと抜きに、
いきなりコンテンツメーカーになってしまう、
という視点を獲得してください。

 

本教材はネット商人の兵法書です。

本教材「コンテンツメーカーPERFECT」とは、

コンテンツビジネスの兵法書のような物です。

 

私はこの教材に、

私のコンテンツメーカーとしての
全てのノウハウを詰め込みます。


間違いなく、それくらいの価値があるからです。

 

コンテンツメーカーの「価値」とは、

私の主張する切り口が、これまでの鉄板プロセスに反して
「目を見張る効果」があることを、

インフォ業界やアフィリ業界にたむろしている
自己評価の低い人たちに知らしめることができる点です。

 

つまり、今回の教材を通して、私の提唱する手法の
「正当性」を世に問えるだけの

実例をも作りたいと目論んでいます。

 

だからこそ、

コンテンツメーカーPERFECTと名付けられた教材が
分かりやすく、

2016年版と、2017版の、
2つ教材をセットにして、完全版としてご提供するわけです。


教材のカリキュラムについて


 

<<2016年版について>>

(1)あなたならではの独自コンテンツを作成し、
(2)それを販売して収益化するための道筋

について徹底的に解説しています。
(詳しくは、解説ビデオをご覧ください。

 

第1部:コンテンツメイキング編
(商用コンテンツの作成するにあたってのポイントと作成プロセス)

・最初に1部のイントロダクション
・第1章-日常をコンテンツ化する
・第2章-コンセプトメイキング
・第3章-コンテンツメイキングの基本
・第4章-弁証法的コンテンツメイキング

 

第2部:販売プロモーション編
(講義を参考にしながらセールスレターを作成して頂きます。)

・2部のイントロダクション
・第1章-セールスコピーライティング
(1)(2)(3)
・第2章-ステップメールの編集方法
・第3章-見込み客の獲得(集客全般)

※全講義ビデオ11本・約6時間と、
レジュメPDFにて提供します。


 

 

<<2017年版について>>
(詳しくは、解説ビデオをご覧ください。


1)コンテンツメーカーの目的や、あるべき姿、結論を
解説します。
ここからの逆算で
ビジネスを構築してもらうためです。


2)独自コンテンツの切り口の作り方、コンセプトの
作り方を中心に、
それを現在取り組んでいる様々なビジネスに
どのように反映させるべきかを
具体的に解説します。

3)独自コンテンツの作成プロセスを私自身の実例で解説します。

4)独自コンテンツの広げ方(プロモーション等)を
ビジネス形態ごとに解説します。


ビデオ講義2本・約3.5時間
音声講義15本・約11.5時間
各レジュメPDFにて提供します。


 

スペシャル6大購入特典!

正直いって、どう考えても、本教材価格に見合わない特典です。要するに、付けすぎだという事です。ですが、

ここは、販売代理人である平野さんのさじ加減です。文句はありません。ただし、これらの特典が、いつ削除されても

価格的に全く問題ないレベルの教材である事は、制作者の
意見として間違いありません。その事は覚えておいて下さい。

 

[1]チラリ8(エイト)※ネット&リアル集客法(約3時間のビデオ講義:3万円相当)
縦横無尽に集客した事例の解説教材です。チラリ8教材では、「リスト収集はどこでも出来る!」
という事をお伝えするべく、8つの事例を報告&解説した音声教材です。
あなたならではの切り口をぜひ探してください。

 

[2]コンテンツ販売ワークショップ「なぞかけ式」(約2時間のビデオ講義:2万円相当)
コンテンツ販売は、独自性溢れる魅力的なコンセプトと、それを活かした集客で
決まる!その、コンセプトを作る為の切り口と、コンセプトメイクの練習法を
公開したセミナーです。

 

[3]マルチ&クロスメディア集客メソッド動画セミナー:平野提供
(約2時間のビデオ講義:3万円相当)

見込み客ゼロの状態からライバルと被らない優良な見込み客を集める方法が分かります。
シングルソースマルチユースという考え方で、1つのコンテンツを最低でも5通り、
最大で10通りのネットメディアに転用・活用し、適切な露出の最大化を行う事で、
無料で非常に濃いアクセス、濃い見込み客を集め続けることが出来ます。
本セミナーでは、その仕組みの作り方が分かります。

 

[4]1000man Business Know-how&MIND Audio Tips【音声】:平野提供
(約1時間の音声講義:非売品)

個別コンサルティングの現場でしか語らない、年収1000万円ビジネスを
構築する為のポイントと、その実現の為の稼ぎのアイデアと考え方を語った
合計16個の音声教材です。幾つか取り入れるだけで稼ぎの額がガラッと変わるでしょう。

 

[5]稼ぎに直結する7ステップフォーミュラ解説ビデオ&PDF:平野提供
(約90分のビデオ講義:2万円相当)

実際に自分で稼ぐ事のマインドブロックを解き、失敗しないビジネス創業の
足掛かりを作ることができる、1つの王道な道筋を示した独自コンテンツです。
私の実体験でもあり、コンサルティングする際の土台となる基本ノウハウです。

 

[6]コンサル記録音声3部作(再配布権き)※合計約180分の音声講義:5万円相当
※この特典は、あなたの販売特典として配布が可能です。

1部:今から動画で売上アップする為の秘策!
プロが教える8つのコツとポイントとは?

2部:情報商材だから出来る売上アップ
6つの秘策!逆転かつ効率的な販売手順

3部:情報商材・コンテンツ・自動化ステップ
メールなど無限コンテンツメーカーになる方法

 

予想される問へのお返事。

教材費用の他になにか費用はかかりますか?

→ 基本的に追加費用は掛かりません。
ですが、不定期に開催される勉強会にお誘いして、
参加される場合の、交通費・懇親会費は別途になります。

 

成果が出なかった時は保障されますか?

→ いいえ。プログラムの特性上、個人の努力と作業量に
成果が大きく左右されるので、保証はしかねます。

ただし、間違いなく提供するコンテンツは超一流です。
それをビジネスに取り入れれば投資金額の回収は余裕で見込めます。

 

本プログラムに参加して、成果が出るかどうか不安なのですが。。

→ 不安なのはよく分かります。わたし平野も過去に同じ気持ちを経験し、

それを乗り越えてきました。そして今、その不安を払拭する準備が
できたので本教材を公開しました。出来るかできないか?
ではなく、「やるのか、やるのか?」でご判断ください。

 

支払いは分割決済できますか?

→ はい、インフォカート決済を使用しているので、
クレジットカード最大10分割決済まで可能です。

※詳しくは、お申込みボタンをクリックしてインフォカート画面をご覧ください。

 

仕事が忙しくて、プログラムに着いて行けるか心配です。

→ 着いていけるかでなく、着いて行く気があるか?でご判断ください。

また、本教材はムリに着いて行かなくてはならない内容ではありません。
時間のある時に、じっくりと腰を据えて取り組んで頂ける内容です。

 

本当に稼げるようになりますか?

→ はい。と、言いたいところですが、最終的にはあなたの行動次第です。

ただ、本プログラムは稼げる人達を生み出す為に作っていますので、
稼げるようにならない。というのは、相当にお門違いな感じがします。

 

松井さん、平野さんを信じて大丈夫ですか?

→ はい。と言いたい所ですが、最後はあなた自身でご判断ください。

 

教材価格とお申込み方法

一般販売予定価格48,000円 → 先行販売価格:38,000 (税込)

※クレジットカード決済なら、最大10分割まで可能です。

※決済完了後、インフォカート購入者ページより「コンテンツメーカーPERFECT:教材サイト案内PDF」をダウンロードして、正規エントリーをお願いいたします。

 

最後に、迷っているあなたへ。

================
昨日まで無かったモノが今日から常識になる。
================

 

平野です。これは、日産自動車のテレビCMで、
矢沢永吉さんが放つキャッチコピーです。

 

私はこの言葉がえらく気に入って、
初めて目にした時は、いいなぁと思って、

 

忘れないようにすぐにメモしました。

 

「なぜ、いいなぁと、思ったのか?」

それは間違いなく、
私があなたに伝えたい重要なメッセージが

たったこの一言の中に集約されている。
と感じたからです。

 

================
あなたが何かを想ったとき、必ず、
同時に、その想いを受け取る人が
世界中のどこかに存在する。
================

 

私は2013年の1月に新潟県上越市の
ボウリング場から、後のパートナーの
佐藤さんと二人で、

YouTubeにボウリング上達支援の動画を
アップし始めました。

 

そして、

そんなニッチ過ぎるビジネスでも、
何とかこんとか頑張って、
初年度は、年商1500万まで積み上げました。

 

売り上げの規模からしたら、全然大した、
数字でも実績でもありません。

 

しかし、

この経験は間違いなく、今の私と、
私のビジネスを支える基盤になっています。

 

よく、

なぜそんな事を始めようと思ったんですか?
と、聞かれます。

 

思い返すと、
その時に始めた理由は2つでした。

 

1つ目は、

 

名もない、完全素人の私達二人が、

「自分達が良いと思っているボウリング情報」を

YouTubeを使って日本全国に発信をしたら、
どうなるのかな?

人気が出て、もっと求められたりするかな?

どうせ、損しないならちょっとやってみよう!

 

という、軽い気持ちからでした。

ただ、全く期待しない訳でも無く、

 

「もしかして、もしかするかも??」

みたいな淡い期待も
無かった訳ではありませんでした。

 

そして2つ目は、

 

これで日本全国を対象にできる訳だから、
ほんの少しくらいなら共感者も現れるたろう。

そしたら、

その人達にビジネスを通して、
もっと価値を提供する事もできるだろう。

 

そしたら、そしたら、

 

普通に生活できるくらいの収入だって
きっと得られるだろうし、

ぶっちゃけて今の仕事を辞めれたら、、、
「ラッキー!」

 

もう、それだけで超嬉しいし、
きっと楽しく生きていける!

と、そんな気持ちもありました。

 

================
古いモノと新しいモノ。
================

 

今の日本は、もう完全に満たされた世界です。

 

もちろん、まだまだ満たされない
国や地域が世界にあるのは分かっていますが、

 

現実的に考えて、

我々が住む日本は、

不足の無い暮らしをほとんど皆がしています。

 

そんな中で、

絶対的な価値基準になっている事、
それが、古いモノと新しいモノです。

 

古いものに価値が無い。

とは、必ずしも言えませんが、多くの場合は、
新しいモノの方が魅力的です。

 

つまり、新しいというだけで、
古いモノよりも価値を感じやすいという

・傾向がある。

・実態がある。

 

という事です。

 

この原則というか、習性みたいなモノを踏まえて
ビジネスを考えてみると、

実に簡単な1つの成功パターンが見えてきます。

 

それは、

 

「古いモノでも新しさを感じさせる事が
できたら、そこには新たな価値が存在する。」

という事です。

 

例えば、

・古民家カフェ(ボロ屋の中でお茶すること)

・グランピング(ホテルの様な豪華キャンプ)

・Amazon電子書籍(紙の本の様な読み易さ)

 

こういうものです。

 

================
新しさとは、何を・誰に・どうやっての切り口。
企画のプロはコレを仕事の武器に稼いでいる。
================

 

それは、

 

・見せ方だったり

・表現の仕方だったり

・焦点の当て方だったり

と、

 

要は、

既存の古いモノがあってこそ成り立つ
新しい価値感の演出でしかないので、

実は知ってしまえば案外簡単です。

 

おそらくは、きっとあなたも、
今の仕事場で、大なり小なりやって来たのでは?

とも思ったりします。

 

なので、もっと切り口を変えれば、
それこそ山の様に事例は沢山あるでしょう。

 

そして、これは、
私達が2013年に始めたボウリング事業も同じです。

 

・新世界ボウリング(動画ボウリング教室)

ありそうだけど無かったもの。

 

そして、日本全国でビジネスが出来る、
と考えれば、

 

仮に、ニーズや市場が小さかったとしても

・個人がほとんどお金をかける事なく、

・求められている価値を提供することが出来れば、

・至極真っ当に、充分なお金を頂いて

・好きな事で生きていける。

 

そして、昨日まで無かったモノでも、
今日からの常識にする事ができる。

という事なんだと思います。

 

================
上を目指し過ぎると身の丈を忘れる。
成功は成幸でなければならない。
================

 

よく、

ビジネスで成功して年収1億を目指します!
という方がいます。

 

でも、本当に年収1億円が
欲しいんでしょうか?

 

ちなみに、年収1億円の人の手取りは
約6,000万円(年間)、

月の給料は約840万円
だと、言われています。

 

もちろん、収益の形態により税金は変わりますが、
ご存知の通り日本では、稼ぐ人ほど沢山の税金を

払う仕組みになっています。

 

また、

「収入と幸福度の相関関係とは?」

 

なんて話も、
テレビや雑誌でよく見かけますが、

その情報によると、
年収780万円、手取り600万円、平均月収50万円、

というのが実は、

最も幸福度が高くなる数字。
だと言われています。

 

「この話を聞いてあなたはどう思いますか?」

 

月収50万円程度が最も幸せに感じられて、
しかも、税金もほとんど今と変わらない。

 

とりあえず50万円あれば、日本のどこに居ても
それなりに楽しく暮らせるでしょうし、

 

もし、副業で50万円あれば、
それこそ、今の収入と足したら
75万円くらいな訳ですから、

 

ひとまずのビジネス目標としては充分でしょう。

 

================
自分にあった成功にしか幸せを感じない。
成功者は、今の自分に合うものが欲しいと嘆く。
================

 

ある金銭的に充分に豊かになった50歳代の男性に
まだ成功していない30歳代の若者が聞きました。

 

「欲しいものは何でも買えるんですよね?」

「いまは、何か欲しい物があるんですか?」

 

すると、50歳代の男性が答えました。

 

「いま欲しいモノ?それは、
今の自分に合うものが欲しいよ。」

 

すかさず30歳代の若者が詰め寄ります。

 

「その、自分に合うものって何ですか?」

「不動産ですか、高級な置物とかですか?

それとも、ビットコインとか新しい技術ですか?」

 

それを聞いて、
50歳代の男性はゆっくりと答えます。

 

自分に合うモノで欲しいものは、

・健康

・夢

・チャレンジ精神

 

それと、、、髪の毛かな。笑

 

「え!?、、それ、ぼく全部もってます。。。」

 

さて、

「この話を聞いてあなたはどう思いますか?」

もちろん逸話ですからそこはご理解ください。

 

でも、あながち、
全く無い話でもありませんよね?

 

つまり、この逸話を通して、
あなたに考えてもらいたい事は、

 

・成功と、成幸。

・年収1億円と、月収50万円。

・何でも手に入る生活と、自分に合う暮らし。

 

この辺りの価値観のズレが、
もしかしたあなたを成功=成幸から
遠ざけているのかも知れませんよ。

という事です。

 

================
お金を稼ぐ事と、お金を稼げるようになる事。
それは、誰を見てビジネスしているかで変わる。
================

 

お金を稼ぐってどういうことでしょうか?

 

・他人からお金をぶん取る事でしょうか?

・コソコソっとお金をくすね取る事でしょうか?

・嘘の話で騙してお金を払わせる事でしょうか?

 

違いますよね??

 

そんな事したら犯罪ですからね。

 

では、どうするのか?
どういう状態なのか??

 

それは、、、

 

お金とあなたの提供する約束を天秤にかけて、
それが得られるなら喜んでお金を払います。

という、
お互いにフェアな状態を作る事です。

 

それをしないのに、お金をもらい稼ぐのは
我々が住む資本主義の世界の利に反します。

 

そうですよね?

 

つまり、お金を稼ぐという事は、

「あなたが相手の希望を満たす約束という、
あなたの商品やサービスを提供する提案を、
しているかどうか、だけなのです。」

 

そこで、

その約束(商品やサービス)とお金を交換します。
と、思ってもらえたら、お金が稼げる。

 

その約束ならお金と交換したくありません。
と、なるなら稼げない。

 

というだけの話です。

 

いたってシンプルな当たり前の話です。
しかし、

 

世の中の多くのビジネスをしたい!
と望む人達は、この約束の提案をしません。

 

だから稼げるはずはありません。

 

あなたもそう思いませんか??

 

================
コンテンツビジネスがあなたの人生を変える。
その理由と時代背景と、方法とは?
================

 

世の中の動きはますます早くなっています。

 

SNSの普及と、テクノロジーの進化によって
昨年までは聞いたことが無かった言葉が、
今では当たり前に使われている時代です。

 

当然、

流行りのビジネスの寿命も、長くて1年、
短いとわずか半年足らずで時代遅れになります。

 

そんな中で、新しいビジネスを立ち上げ、
軌道に乗せ、マネタイズするのは、

当然ながら、簡単ではありません。

 

それは、まったくもって我々も同じです。

 

しかし、それとは反対に、

いつの時代でも無くならないビジネスもあります。

 

・ラーメン屋さん

・習い事ビジネス

・日用雑貨の販売

 

など、

 

いわゆる鉄板のリアル実業ですね。

 

しかし、その鉄板の実業でさえ、
昔のように、永く・大きく・確実には、
稼げなくなっています。

 

それはなぜか?

 

お客様が近くに居ないからです。

 

もっと言うと、

今までお店の前を通っていたお客様は、
住まいをネットに移してしまったからです。

 

今やネット上のあらゆる場所で、

・好きな時に、

・好きな状態で、

・必要なものを探し、

 

判断し、行動を決めています。

 

私はそれを言い換えて、

見込み客がネットに住まいを移した、
引っ越した。と、表現しています。

 

それでは、この状況でビジネスを効率よく、
しかも能率もよく行うにはどうすれば良いのか?

 

それは、簡単です。

ネット上にいる見込み客の事を
よく知ればいいのです。

 

つまり、リサーチですね。

 

ネット上にいるという事は、実は昔よりも、
リサーチが簡単です。

 

だって、ネット上に沢山の足跡と言葉を
残していますからね。

 

その上で、何を・誰に・どうやってです。

 

そして、

古いものに新しい価値を生み出す
切り口を付加して、

それをコンテンツ化すれば、売れてしまいます。

 

というよりも、それをすると、
売れないものが作れません。

 

しかも、

コンテンツ化してそれを売った利益は、
最初にコンテンツを生み出す投資以外は、
ほぼ100%、約97%が利益になります。

 

こんなに利益率が高いビジネスは他にありません。

つまり、失敗しようが無いのです。

 

これは、

 

ビジネスの常識を180度ひっくり返し、
個人が資金をかけずに始める事ができる、
とんでも無く可能性のあるビジネスなのです。

 

ここまで、分かって頂けてますかね?

 

================
インスタント&スピーディー&自動化
これが新しいコンテンツビジネスの1つの姿。
================

 

そして、我々は、このコンテンツビジネスを、

 

さらに今の時代にベストマッチするやり方で
現役バリバリの現場を知るプレイヤーとして、

今尚、ビジネスをしています。

 

そしてお互いそれぞれが、

 

・間違い無く、唯一無二。
・完全無欠の絶対領域。

なのです。

 

そんなわれわれ二人が共同で作った
この教材のゴールを

コンテンツビジネスに興味のあるあなたに、

 

「知って欲しい、受け取って欲しい。
そして、使いこなして欲しい。」

 

そして、

・あなたにしか実現出来ない、

・あなただけの絶対領域を作って、

・あなたを支持するファンに囲まれながら、

 

充分なお金と時間と精神状態を手に入れ、
さらにお客様を高みへと導く
提案をして欲しい。

 

そう思っています。

 

================
最高の環境で、昨日までを超えてゆけ!
================

 

あなたが何かを想ったとき、必ず、
同時に、その想いを受け取る人が

世界中のどこかに存在する。そして、

 

「昨日まで無かったモノが今日からの常識になる」

 

そんな体験を、
我々とともにしてみませんか?

 

その為に、まずは、
ちゃんと私達からの提案を聞いて下さい。

 

そして、

あなたの人生にとって価値があると感じたなら、
我々とともに、昨日までを超えて行きましょう。

 

あなたと、
そしてあなたの持つ価値と

 

もっと近くで出会える事を、
心から楽しみにしています。(^^)

 

引き続きよろしくお願いします!

 

コンテンツプロデューサー平野

 

教材価格とお申込み方法

一般販売価格48,000円 → 先行販売価格:38,000 (税込)


※クレジットカード決済なら、最大10分割まで可能です。

※決済完了後、インフォカート購入者ページより「コンテンツメーカーPERFECT:教材サイト案内PDF」をダウンロードして、正規エントリーをお願いいたします。

 

教材販売&運営者のプロフィール

コンテンツプロデューサー
平野久信(ひらのひさのぶ)

 

1977年生まれ、新潟県在住、3つ子の父。
性格は好奇心旺盛、好きな食べ物は「アボカド」。

20歳から36歳までの間に、営業職、旅行ツアーコンダクター、アパレル販売、調理師(日本料理)、ブライダルプランナー、割烹旅館(自営)、ボウリングマシンメカニックと、これまでに7つの職種を経験し、2012年夏頃からはネットビジネスにも挑戦。ネットオークション、中国輸入転売、アフィリエイトなどを実践。

過去、すべての仕事において、積極的に試行錯誤を行い、数々の失敗と成功を経験する。

2013年1月、ボウリング愛好家のパートナーと共に、動画を使ったコンテンツ提供型の会員ビジネス「新世界ボウリング.com」を立ち上げ、ボウリング上達法をYouTube動画で公開し、会員ビジネスに発展させるという新規事業が空前の大ヒット。現在も、日本全国、約12000名からなるボウリング愛好家コミュニティを運営している。

昨今は、これまでの試行錯誤の中から編み出した『革新的で不変的な集客と販促ノウハウ』を用いて、オンラインとオフラインの利点を融合させたネット動画マーケティング、

YouTube Response Marketing (通称:YouRM)を完成させ、人気TV放送作家 安達元一氏などの放送業界の著名人から、本の著者や各種団体、または地域の店舗経営者に至るまで、幅広くYouTube動画とSNSを使った集客や販売などの仕組み作りを指導。

まだブレイクしていない、価値ある「物」「コト」「ひと」を、動画とマーケティングの力で、安定したビジネスとして、世の中に提供する手伝いを行う事に、やりがいと生きがいを持つ。
独自コンテンツの販売や全国でセミナーなどを行い、本物の「動画販促法」を指導している。

◆店舗コンサルティング:

スノーボードショップ/八百屋さん/整体院/温泉旅館/病院経営/開業医/輸入販売店/雑貨販売店/音楽スタジオ /パソコン教室/動物病院/動画制作会社/結婚披露宴式場/美容サロン/ネットショップ/アパレル系企業/建設&デザイン事業者/居酒屋/地方の飲食店/カフェ 他

◆個人コンサルティング:

マルチクリエイター&放送作家 安達元一氏/PRコンサルタント小紫真由美氏/WIP松下兄弟/新宿カリスマホスト信長氏/ ヴィジョンボードクラブ/スピリチュアルカウンセラー/コンサルタント/WEBコピーライター/セミナー講師/ ボイストレーナー/ダイエットコーチ/メンタルコーチ/大学生/営業トレーナー/プロナレーター/ベストセラー著者/フォトグラファー/YouTuber/コンテンツ販売業者 他

 

<WEBプロモーション>

・日本一のアナウンサー三橋泰介氏との共同開催YouRMマスタークラブ1期、2期
・BRIDGEプロジェクト ・ヴィジョンボーダー養成講座 ・ソーシャルトライブ倶楽部
・LINE@×YouTube販促継承プロモーション:グローカル実践会
・伊勢隆一郎氏とのJV企画「ソーシャルVX集客術」  他、各種セミナーや企画を運営

 

教材製作者のプロフィール

過去に、ネット業界を騒がせた
知る人ぞ知る存在。
売れる情報商材を次々と量産する鬼才。
松井宏樹(まついひろき)

私が、ビジネスのあらゆる場面で
「コンテンツ」を扱うようになって

かれこれ9年近く経ちますが、未だにその威力は抜群で、
半ば放ったらかしで、

毎日、少なくはないお金を運んでくれています。

「ほったらかし」など言うと

・詐欺だ!!

・うさんくさい!!

・そんなうまい話があるわけない!!

などと思う人もいるかもしれませんが
事実なのだから仕方ありません。

ネットビジネスにおけるコンテンツという
【兵器の破壊力】たるや、

たったひとつの商品だけでも、

何度も繰り返しエンドレスで売れ続けるという、
美しくも破壊的な現象を発生させます。

あなたが今まで、どれほど稼ぐことが出来ずに
苦労してきたのか、私には分かりません。

しかし、

この程度の成果でいいのなら、

何も、特別な才能も、

涙ぐましい努力も一切必要ないのです。

そんな事をあなたと少しでも共有できたら幸いです。

 

< 過去の販売商品一覧 >


 

 

教材価格とお申込み方法

発売記念先行価格:38,000(税込)


※クレジットカード決済なら、最大10分割まで可能です。

※決済完了後、インフォカート購入者ページより「コンテンツメーカーPERFECT:教材サイト案内PDF」をダウンロードして、正規エントリーをお願いいたします。

 

 

 

特商法 | プライバシーポリシー